永山書道教室 - 書の心を追求する:To pursue the heart of calligraphy
RSS

最新記事

3月度漢詩
1月度漢詩
1月度漢詩講座
第8回鬼展
6月度課題

カテゴリー

地域書道連盟
小学校
書作品
書作展
書道関係の集い
漢詩
開塾関連
検索エンジンの供給元:

New !

12回目の授業を終えて

今日はこうひつの勉強である。
1.書写ワークの「人」、「入」、「大」を書かせる。→はらいのあるかんじ
2.続いて名前「三年 川田友一」を書かせた後、自分の名前を書かせ提出させる。
→もうひつの時、半紙の左に自分の名前を書くが、その名前が上手ではない。名前を練習する時間をとって自分の名前をきちんと書く習慣づけたい。
3.来週の授業の告知
来週もこうひつをやります。
 
<授業を終えての感想>
1.皆、自分の名前をていねいに書いていた。こうひつなのでもうひつほど難しくはないが、それでも難しい漢字をつかう生徒は大変なようであった。
2.書写ワークを提出させ、採点している間を利用して、妻が生徒に自分の名前の由来を発表させた。指名された生徒は立ち、皆に「聞いて下さい」と前置きした後、はにかみながら、親から聞いた自分の名前の由来を話してくれた。生徒が自分の名前を書くときに、こう言う事を考えながら書いてくれる事を望む。

12回目の授業を終えてに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment