永山書道教室 - 書の心を追求する:To pursue the heart of calligraphy
RSS

最新記事

3月度漢詩
1月度漢詩
1月度漢詩講座
第8回鬼展
6月度課題

カテゴリー

地域書道連盟
小学校
書作品
書作展
書道関係の集い
漢詩
開塾関連
検索エンジンの供給元:

New !

8回目の授業を終えて

今週は、先週に引き続き「人」の2回目である。
1.忘れ物の確認
今回は先週に比べ忘れ物はやや減ったが、それでも筆(大・小)を4組貸し出した。
2.水書板に書いて見せる。
①中心の取り方:左右のバランスを教える。
②左払い:穂先をまとめながら、ゆっくりと払う。
③右払い:筆を一旦止めてから右へ払う。
3.毛筆シートに書かせる。
学校教材(人と言う字の枠取りがプリントしてあるもの)に筆で人という字をなぞらせる。
4.半紙に書かせる。
生徒の間を廻り朱書き指導する。
5.来週の授業の告知
来週は「人」を清書し、提出する。忘れ物をしないように注意する。
6.後片付け(授業終了10分前)
 
<授業を終えての感想>
1.左払いに比較し、右払いに苦戦していた様子が見受けられる。折れたり、上に反ったりする字があり、朱書き指導した。
2.今回はクラスの西と東を妻と半分ずつ担当して指導して廻ったので多くの子供達に朱書き添削する事が出来た。次回からこの方法を続けて指導していきたいと思う。
3.名前を上手く書けない子供が比較的多い。自宅で鉛筆で練習してくるように個別指導した。
4.忘れ物
忘れ物をしない様に地道に指導していくしかない。

8回目の授業を終えてに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment