永山書道教室 - 書の心を追求する:To pursue the heart of calligraphy
RSS

最新記事

3月度漢詩
1月度漢詩
1月度漢詩講座
第8回鬼展
6月度課題

カテゴリー

地域書道連盟
小学校
書作品
書作展
書道関係の集い
漢詩
開塾関連
検索エンジンの供給元:

New !

書道教室見学記

5月26日、書道学校の先輩で書道教室を経営されている長島明華さん(写真)の教室を見学に行った。場所は埼玉、上尾駅から徒歩3分という立地条件の良い場所にあった。彼女は内閣総理大臣賞受賞(平成21年)及び、全日展・東京書作展審査員を務めるという実力派であり、現在も書道学校に通いながら週3日(水・木・土曜日)、書道教室を開いておられる。教室はマンションの5階。その日は学生2名、小学生2名の生徒さんが来られていた。指導内容は楷書、行書、草書、かな、硬筆、ペン字であり毎月発行される教本を元に競書を提出、昇段試験あり。大人(高校生以上)の場合には更に古典(漢字・かな)の勉強や師範取得も可能との事。実際指導現場も見せてもらったが、生徒の目の前で朱書き手本をさらさらと書いておられた。長島書道教室の連絡先は下記の通り。
第1教室(土):上尾市谷津2-1-1 ソフィア上尾B519、TEL:048-773-1338,第2教室(水・木):上尾市西宮下1-182-1、TEL:048-773-2953
 
<見学を終えての感想>
小学校に出かけ生徒を指導する場合、まず書写をやる環境作り、生徒全員に説明が周知徹底される事に時間を費やし、授業時間45分の内、大半がそれに費やされ、実際作品を書かせている時間は10分前後しか取れないのが実情である。又生徒全員を偏りなく指導する事が要求され、朱書き添削等個別指導は廻っていける範囲の子供にしかできない。それに比べ、個人の書道教室では、生徒の方が、教室に来てくれて、既にその段階から書道をやると言う環境作りは終っており、しかも個別指導が出来る為、きめ細かな指導が出来るという根本的な違いがある。3年後に開塾を目指しているが、まさに自分の求めているのはこう言う、きめ細かな個別指導ができる環境作りであると強く感じた次第である。
 

書道教室見学記に対する2件のコメント:

コメントRSS
小俣利恵 on 2012年5月30日 17:15
長島明華さん、素敵ですね。私も将来の開塾に向けてとても参考になります。生徒さんたちのやる気と決め細やかな指導が揃っているとなると、相互に良い環境ですね。私も機会があれば、書道教室の見学に回ってみようと思います。
コメントに応答する
 
永山 桂石 on 2012年5月31日 3:39
りえさん、コメント有難うございます。貴女からコメントがあった事を長島さんに伝えておきました。もし彼女の教室を見学ご希望でしたら、直接彼女にコンタクトしてみられたら如何でしょうか?駅から近くなのでとてもわかりやすいです。ではお互い、将来の開塾目指して頑張りましょう。

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment