永山書道教室 - 書の心を追求する:To pursue the heart of calligraphy
RSS

最新記事

3月度漢詩
1月度漢詩
1月度漢詩講座
第8回鬼展
6月度課題

カテゴリー

地域書道連盟
小学校
書作品
書作展
書道関係の集い
漢詩
開塾関連
検索エンジンの供給元:

New !

漢字で児童名を書きました

小学校では1~3時限の間はひらがなで下の名前だけを左側に書きます。4時限目からはいよいよ「学年+漢字で児童のフルネーム」を書くことになります。今朝、クラス34人分の「学年+漢字のフルネーム」の朱書き手本を児童一人一人用に書き上げました。半紙を縦4分割しそこに書き、切り離して厚紙に貼り、児童に配る予定です。しかし最近の子供の名前って難しく画数が多いものが多いですね。名前をつける時に児童が書く場面を想定したのでしょうか?一寸そんな心配をしました。

漢字で児童名を書きましたに対する1件のコメント:

コメントRSS
宮本 恭介 on 2012年4月28日 19:39
 最近の子供の名前はすぐに読めないのが多いですね。 女の子に「子」のつく名前ってほとんどないんじゃないかしら。 特に当て字の名前は良くないと思います。 人に呼んでもらう時、間違って呼ばれたら嫌でしょうから。 ちなみに私の孫の名は「陸」です。 普通に読めますね。
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment